CCDA343E-D0B3-456E-B8A6-8322A9903E16
食べるスープの代表格ガスパチョ。
フランス語だとスープを「manger(食べる)」と表現するので
彼らにわざわざそう説明すると「・・・で?」という顔をされそうだけれど
日本人にとってスープは汁物。
やっぱり食べるスープ、とわざわざ言いたい。
ガスパチョはアラビア語でびしょ濡れのパン。
前日の中途半端に残って固くなったパン
捨てるのも忍びない時にちょうどいい。
暑さで食欲がない時、二日酔いの時にもぜひ。

ガスパチョ
●材料
完熟トマト 中4~5個
たまねぎ 1/2
きゅうり 1本
パプリカ 1個
イタリアンパセリの葉 少々
オリーブオイル 大さじ2
シェリービネガー(または赤ワインビネガー) 大さじ1
レモン汁 大さじ1
水 大さじ2:パンのかけら ひとかけ(またはパン粉)
塩こしょう 少々

●下準備
パンは水に浸しておく

⚫︎作り方
 材料をすべてミキサーにかけ冷蔵庫で約1時間冷やす。

※具を少し残しておき小さな角切りにしてトッピングすると見た目も華やかでおもてなしにも。
※きゅうりの皮をほどほどに剥くと赤味が鮮やかに仕上がります。