BAE6F874-0192-4A65-9618-70E421DAA94D
そら豆とペコリーノのコンビネーション。
少し酸味のある山羊のミルクと青臭いそら豆の香り。
山羊がもしゃもしゃと青草を食べる顔が浮かんでくる。
そしてペコリーノの「ぺこ」という響きがなんともそら豆のビジュアルに似合っている。
世界最古のチーズ。
塩分の強さはローマ帝国で保存食として作られていたからだとか。
すりおろして旨みたっぷりのお塩として使うのもちょっとした贅沢。

●材料 
そら豆 正味100g(約30個)
ペコリーノ 50g
クリームチーズ 20g
塩こしょう、オリーブオイル 適量

●下準備
そら豆は薄皮に切れ目を入れ3~4分茹でて皮を剥く。
ペコリーノはおろしておく。

●作り方
1 そら豆をフードプロセッサー、またはすり鉢で粗いペースト状にしてペコリーノとクリームチーズを加え、
  塩こしょうで調味する。
  オリーブオイルで固さを調節する。
  
薄く切ったバゲットを添える。

こちらのペコリーノは塩分強めなので、贅沢な調味料替わりに使えておすすめ!
本格カルボナーラにも。